•  untoreh-light

私の体操のリスト

ぎこちなく感じるとき、私はこれらをします。

始める

私がやっていることはやや「ヨガのような」ものですが、特に何もフォローしていません(数はすべての運動が行われる回数であり、個人の選択に応じて最小または最大です):

上下

ぐるぐる

手を組んで、腕を伸ばし、足をしゃがんだ状態で、時計回りと反時計回りに完全な円を描きます。 (3-9)

側面の肘

手と肩

足の二乗

片側に寄りかかって、足がほぼ上を向くまでかかとをスライドさせて外側の脚を伸ばします。内側の脚はまっすぐな角度の位置にあり、膝はほとんど地面に触れており、かかとは地面から持ち上げられています(ストレスをかけないでください)。 (2-6)

柔らかいマットの上

以下の演習は、柔らかい表面で行う必要があります。

逆振り子

片方の膝が地面に触れた状態で、両手を頭の後ろで交差させ、肘が地面に触れている膝に近づくように体にトルクをかけます(ストレスをかけないでください)。 (3-6)

ヒープ

脚と太もも

腹部

結論

私が書いた順序は、セッション中に使用する順序ですが、有酸素運動(腹筋運動後)でセッションを終了する場合があります。通常はストレッチで終了したいので、この場合、私の習慣はお勧めしません。 。セッション全体は通常約30分続き、45分になることはめったにありません。

運動は気分、血圧、便秘、低酸素化によるめまいなどに役立つことを忘れないでください...したがって、これらは非常に重要であり、他の種類のより直接的な薬の良い代替品です。

可能であれば、錠剤よりも運動を好む。

投稿タグ: